【スキル無しの30代向け】転職エージェントを複数使う理由~登録まで

複数登録の理由

複数使うべき理由

【1社登録で味わった苦痛】
相性など

転職エージェントは複数登録して、相性と求人の数を比較すべきだと実感しました。

【複数登録の課題】
登録がめんどくさい点など

複数登録の課題はスケジュール管理が大変な点。

【課題克服方法】

登録課題の克服方法
1人のエージェントに頼りすぎるのは危険です。
だからこそ複数に登録すべき。
複数登録の目的相性が合うエージェントを見つけるためです。

30代前半・転職エージェントの利用を考えている男性に伝えたいこと。

それは『転職エージェントの1社登録は失敗する』ということです。

 

あなたは自分の市場価値を考えたことはりますか?

市場価値がない人の特徴
  • 特別な専門知識がない30代
  • 大きな組織を率いた経験がない
  • 才能がない

※中途採用は『欠員の補充』が目的。

辞めた人の代わりになる市場価値が必要です。

コロナ禍で会社の業績が悪化し出世コースは先細り。

年金は当てにならず、老後は2,000万円が必要とふざけたことを抜かす政府。

 

まさにお先真っ暗ですから『転職』を考えるのも無理ありません。

 

一方で『めんどくさい』と感じていて、転職エージェントは1社登録に済ませたい。

一見合理的な話ですが、市場価値がない人は複数の転職エージェントを使わないと、失敗します。

 

ということで今回は、千葉県在住の僕が過去を振り返りながら、転職エージェントの複数登録を紹介します。

「1社登録」で味わった4つの苦痛

味わった4つの苦痛

自分の市場価値を知らず、転職エージェントに登録した30代の僕。

転職エージェントは複数利用すべき理由を、味わった苦痛とともに紹介します。

相手にされず戦力外通告をくらった

市場価値がないから

紹介できる案件がございません。

女エージェントに、初回面談で戦力外通告をされ、相手にされなかった僕。

戦力外通告の理由
  • 市場価値がなく商品にならない

転職エージェントのお客は企業です。求職者ではありません。

お互いの関係
  • 商品 → 求職者(僕)
  • お客さん → 企業
  • お店 → エージェント

売り物にならない商品(市場価値が低い30代)を、お客さん(企業)は買いません。

つまり僕は、お店(エージェント)に商品価値がないと判断され、売れ残った(相手にされなかった)のです。

項目へ戻る

市場価値が低すぎた

エージェントとの相性がクソだと終わると実感

エージェントとの相性

思い出すのは担当だった『20代後半女性エージェント』との相性の悪さ。

※イメージは美人を鼻に欠けた高級デパートの店員さん。

クソ女とわかった理由
  • ノルマ達成のための応募押し付け
  • 淡白で冷たい対応

自己主張が苦手な僕が、言われるがままに応募した結果、不採用

相性がクソなエージェントの言いなりになってはダメだと実感しました。

項目へ戻る

ノルマ達成主義のエージェントに注意

 

大手も危険

大手も嘘つき

市場価値がない』売れ残った見切り商品の僕は、ブラック企業の案件を紹介されました。

最悪なのは、都合の悪いことを僕に隠して応募させた点。

紹介された案件
  • 基本給12万円
  • 残業代なし
  • 完全歩合制の営業職

不審に思いハローワークに相談したらこう言われました。

応募を辞退すべきです。

『大手転職エージェント = 安心』と信じるのは危険。

同時に第三者(ハローワークなど)の意見が大切だとわかりました。

項目へ戻る

転職エージェントを比較できずに損した

1社では比較できない

スマホのキャリアを徹底的に比較する僕。

でも転職エージェントへの登録は1社で大丈夫と思ってました。

1社しか登録しなかった理由
  • 登録がめんどくさかった
  • 複数登録の考えがなかった

しかし後悔することになります。

後悔した理由
  • 興味のある企業を選べなかった
  • 相性が悪いエージェントと関わった

要するに、自分に合った転職エージェントを選べなかったのです。

スマホキャリアと同じように、転職エージェントも比較しないと、損をするとわかりました。

項目へ戻る

エージェントの良しあしがわからない

複数登録には3つの課題がある

登録課題

1社では『売れ残り』でも、複数のエージェントに登録すれば、価値ある商品として売り出してくれるかもしれない。

という考えは甘いと知った僕が、複数登録の課題を3つ紹介します。

登録・面談がめんどくさい

登録がめんどくさい

めんどくさい登録が1つ目の課題。

最初の面談も嫌で、転職エージェントへの登録を20回以上諦めた僕。

諦めた理由
  • 面談・面接が嫌
  • 現状維持したい
  • 気分が乗らない
  • 転職できる保証はない
  • やり取りがめんどくさい

「いざ転職」となるとめんどくさいですし、また振出しに戻ると考えると、一歩を踏み出すのは苦痛です。

 

でも『めんどくさい』なんて言ってたら、あっという間に40歳。

後悔しても遅いです。

項目へ戻る

登録したくない

採用ハードルが一般募集より高い

採用に結びつかない

2つ目は採用ハードルの高さ

企業はコストをかけてますから、エージェント経由の応募は、ハロワ経由より大変です。

大変な理由
  • 採用意欲の高い企業が多い
  • コストに見合った優秀な人を欲しがる
  • 一般応募と被ると不利になる

適当にエージェントに登録すると、学歴比較で書類選考すら通りません。

市場価値のない売れ残りが、やみくもに登録しても、採用ハードルが上がると分かりました。

項目へ戻る

企業は優秀な人材が欲しい

スケジュール管理の負担

予定が潰れる

3つ目はスケジュールの負担が増える点

複数登録時の負担
  • 作成書類・面談が増える
  • 休みが面談で潰れる
  • エージェントごとの意見違いに混乱

スケジュール管理が苦手な僕は、休みのたびに面談が入って困りました。

プライベートの時間も取れませんし、エージェントによってアドバイスが異なるからです。

 

やみくもに登録数を増やしても、スケジュール管理の負担が増えます。

項目へ戻る

毎日のように面談がある

登録課題を克服する4つの方法

4つの方法を紹介

次は課題の克服方法です。

まずは友達に「オレに向いた仕事って何?」と聞くイメージで転職エージェントを使いましょう。

ただし騙されない心構えとして、必要なことを紹介します。

 

 

エージェントを頼りすぎるな!

自分でも行動しよう
幅を広げたいなら転職エージェントをうまく利用すべき。

得したいなら
  1. 企業情報を聞き出す
  2. 徹底的に疑問をぶつける

ただしエージェントの頼りすぎはダメ。

理由
  • 情報をくれないことがある

つまりあなた自身で動かなければなりません。

だからこそ複数の転職エージェントから、納得いく情報を得る必要があります。

項目へ戻る

エージェントをうまく使おう

断る勇気を持つ(エージェントに利用されたらダメ)

スケジュール管理のために断る

応募したくない求人を勧められたら、断ってください。

エージェントの言いなりになるのはに落ちません。

 

また、ムダなオファーを断れば、スケジュール管理がしやすくなります。

特に親身に見えて『ノルマ達成』しか頭にないエージェントには以下が大切。

大切な事
  • 断る勇気・精神力

変な求人を勧められたら「嫌」と、勇気をもって断りましょう。

あなたとエージェントの関係は『対等』を意識してください。

項目へ戻る

NOと言える勇気を持て

エージェントを比較して相性を探る

相性を探る

複数の転職エージェントを比較して、相性を探ってください。

比較ポイント
  • 親身に話を聞いてくれるか
  • 高圧的な態度じゃないか
  • アドバイスをしてくれるか

市場価値がない30代をサポートするエージェントはいません。

あなたの要望に、親身になってくれるエージェントかを探りつつ、比較をしましょう。

項目へ戻る

A・Bどちらがよいか探る

無料だから登録しないと損(めんどくさいけど)

使わないと損する

多くの転職エージェントに登録するほど、たくさん友達から情報を聞けるように、転職の機会が増えます。

※転職機会を逃すのは「めんどくさい」が原因。

得られる情報
  • 企業情報
  • あなたの強み・向いている仕事
  • 面接対策
  • もっといい求人

今まで気づかなかった優良企業の情報を得られる可能性もあり。

しかもぜんぶ無料ですから、『めんどくさい』と言ったら損です。

項目へ戻る

何社登録しても無料

登録すならどこがいい?

自分が登録したサービス

登録前に『自分にあったサービス』・『転職に譲れないもの』・『いつまでに就職するか』を考えましょう。

 

しかし、1人だとアイディアは浮かびませんし、どこに登録すべきかわかりませんよね?

だからこそオススメな登録方法があります。

転職エージェントの登録を「2社」+@に絞る

大手、中堅、専門に分ける

まずは冒頭で紹介した3つの関係を思い出してください。

エージェントはお店

次に各転職エージェントのイメージをお店に例えて紹介します。

大手・中堅・専門店のイメージ

つまり商品であるあなたは、良いお客さんと巡り合えるお店に登録すればOK。

良い企業と巡り合う方法

僕がおススメするのはこちらです。

オススメのエージェント

※僕はジョブメドレーで福祉職に転職しました。

第三者からの客観的なアドバイスは、長く働ける仕事を示してもらう道しるべです。

なおハローワークは、ブラック企業の求人が多いので注意してください。

項目へ戻る

転職エージェント・サイトを使った感想

DODA

ダメな点

  • 求人をゴリ押しされることがる
  • 空求人がある
  • 直接応募と被る求人がある

良い点

  • オンライン面談ができる
  • 完全無料
  • 非公開求人が多い
  • 模擬面接をしてくれる
  • オフィスは都心中心
  • まめに連絡をくれる
東京都のジョブステーション

デメリット

  • 都内で働きたい人が対象
  • 行くのが面倒・交通費がかかる
  • 登録しないと使えない
  • 介護職など人手不足の仕事を紹介される
  • アドバイザーの当たり外れが大きい
  • 運営元がパソナなので苦手な人は注意

メリット

  • 30歳~54歳がターゲット
  • 完全無料
  • シニア・企業相談もできる
  • 転職向けセミナー・ディスカッションあり
  • グループワークで仲間ができる

ジョブメドレー

ダメな点

  • 担当エージェントはつかない
  • 基本的に放置プレイ
  • 企業情報は自分で調べないとダメ

良い点

  • 自分のペースで転職活動できる
  • 目的にあった求人が多い
必ず伝えること
  • エージェントの複数利用

項目へ戻る

【まとめ】複数登録で転職エージェントを比較しろ

エージェントを比較しろ

転職エージェントも人間なので、どこを選んでも嫌な対応をされる可能性はあります。

 

また「この人は金にならない」と、見切りをつけられるのも早いですから、過度な期待は禁物。

だからこそ複数の転職エージェントに登録して、相性を見極めないといけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました