【リフォーム業者の探し方】新築10年目で「レンジフードを壊された」後

信頼できるリフォーム業者の選び方

この記事でわかること
  • リフォーム業者の探し方
  • ハウスクリーニング被害の対処方法

住宅メーカーへの相談こそが、良いリフォーム業者を見つける一番簡単な方法。

 

住宅メーカーはリフォーム会社と提携してますし、図面も持っています。

 

 

住宅メーカーを頼れないなら、近所・会社・友人を頼ってください。

 

 

しかし上記が見つからない場合は、ネットのリフォーム一括見積会社に状況を伝え、修理してもらいましょう。

 

 

ただし一括見積は『住所・電話番号の入力』が必要。つまり個人情報を渡すことになります。

 

ですから勧誘電話などを心配するなら、住宅メーカーへ相談が確実です。

初めて頼んだハウスクリーニング業者に、レンジフードを壊された我が家。

しかし、新築からちょうど10年目の2020年現在、レンジフードが絶版品で修理は難航しました。

 

保証修理に応じない業者に対して、レンジフードの修理業者を探すことに・・・。

「ウチがリフォーム業者を派遣します」とハウスクリーニング業者は言いますが、保証修理を拒む業者など信じたくありません。

 

そこでリフォーム業者選びに奮闘することになったのです。

リフォーム業者の見つけ方

信頼できる業者の見つけ方

実際に行った『良いリフォーム業者の見つけ方』を紹介します。

住宅メーカーに相談

図面を持っている住宅メーカーに相談

確実なのは家を建てた住宅メーカーへの相談。

 

住宅メーカーには図面がありますから、キッチンレイアウトまで全部把握しています。

ですから住宅メーカーに問い合わせ、リフォーム会社を紹介してもらいました。

 

設計図面を持っているのが住宅メーカーの強み。

以下は我が家のキッチン図面。
  • すでに絶版品

 

しかしここで問題発生!

 

2020年でちょうど新築10年の節目を迎えた我が家。

なんとハウスクリーニング業者に壊されたレンジフードが絶版で、部品が無いと言われたのです。

 

せっかく住宅メーカーに相談して問題が解決すると思ったのに、『絶版部品』の言葉に肩を落としました。

 

レンジフードは絶版でも、リフォーム業者を紹介してくれるだけラッキーと思うことにしました。

項目へ戻る

ハウスクリーニング指定のリフォーム業者は使うな!!

ハウスクリーニングとグルかもしれない

理由は業者に騙される恐れがあるから。

ハウスクリーニング業者とリフォーム業者がグルだと、業者の都合で言いくるめられます

 

だからこそ嫁は、『業者同士のつながり』を心配し、ハウスクリーニング会社のリフォーム会社派遣を断り、住宅メーカーに問い合わせたのです。

 

試しに業者が派遣したリフォーム会社に状況確認してもらう方法もあり。

 

2019年12月に、我が家にやってきたリフォーム業者に以下の3点を伝えました。

 

内心、レンジフードの交換を断られるかと思いました。

 

リフォーム案件じゃないですから「ハウスクリーニング業者が派遣した会社に直してもらって」と言われてもおかしくないですからね。

 

ですが幸いにも、作業を引き受けてくれることになり、ホッとしました。

ハウスクリーニング業者のトラブル対応も教えてもらいました。

項目へ戻る

うちに来たリフォーム業者さんの対応

丁寧な説明をしてくれた

我が家にやってきたリフォーム業者さんの対応を紹介します。

昇降ラックの水漏れを業者に指摘

水漏れを指摘してくれたリフォーム屋さん

レンジフードと一緒に昇降ラックを見たリフォーム屋さん。

昇降ラックに水が入ってますね。

とクリーニングの際、昇降ラック内に水漏れがあったことを、ハウスクリーニング業者に指摘してくれたのです。

これはリフォーム屋さんがハウスクリーニング業者に出した調査完了報告書。

赤枠内がリフォーム屋さんのコメント。
電気屋さんの調査票

 

調査完了報告書をまとめると以下5つの流れになります。

  1. ブレーカーが落ちた原因の特定開始
  2. 今後問題なく電源を使えるかの確認
  3. 本体内ハーネスコネクタのサビ・腐食を発見
  4. (漏電の)一因にはなっていると記載
  5. 内部ラックの交換を指摘

 

漏電原因 = レンジフードへの水侵入』ですが、証拠がないので修理はできないの一点張りだったハウスクリーニング業者。

 

しかしリフォーム屋さんのおかげで、昇降ラックの交換に至り、修理費を出してもらえることになりました。

リフォーム屋さんには感謝の言葉しかありません。

項目へ戻る

トラブル時の2つの対応を教えてくれた

困った時の対応方法

ハウスクリーニングとのトラブル時に『有効な手順』を教えてくれたリフォーム屋さん。

早速我が家は以下の手順で相談をしました。

 

  1. 消費生活センターに相談(完全無料)
  2. 弁護士に相談(初回1時間は無料)
  3. 1、2に相談したとハウスクリーニングに伝える

消費生活センターへの問い合わせが最優先。

次にリフォーム関係に強い弁護士に相談。

ほとんどの弁護士は初回の1時間なら相談費用はタダ

 

手間ですが、どちらも補償に応じないハウスクリーニング業者に効果的です。

被害者に知識が無いと、ハウスクリーニング業者の思う壺。

しかし、リフォーム業者といった専門知識を持つ第3者を間に入れるだけで、有利になります。

 

ですから保証に応じないハウスクリーニング業者には、リフォーム業者を間に入れて交渉してください。

保障修理への活路を開くなら『消費生活センター』・『弁護士』は有効です。

項目へ戻る

エアコンクリーニングもトラブルだらけ

漏電トラブルが多いエアコンクリーニング

「電化製品のハウスクリーニングは、年中トラブルが起きます」

 

レンジフードに限らず、「エアコンクリーニングもトラブルだらけ」、と教えてくれたリフォーム屋さん。

つまり完璧に作業ができるハウスクリーニング業者はゼロに等しいということです。

 

大掃除は自分でやった方がいいとも言ってました。

エアコンクリーニングにトラブルが多い原因は以下の3つ。

  1. 教育・研修なんてないも同然
  2. 掃除するのは素人
  3. 電化製品の知識ゼロ

 

ハウスクリーニングにレンジフードを壊される前と後では、業者に対する考え方が180度変わりました。

ハウスクリーニングを利用する前

リフォーム屋なんて信用できない。
ハウスクリーニングは保証があるから安心。

ハウスクリーニングを利用した後

ハウスクリーニング屋って最悪じゃん。

当然と言えば当然ですが、ここまでひどい扱いをされるとは、予想してませんでした。

ですから、イメージダウンどころじゃありません。

 

もうハウスクリーニングを使う気はないです。

項目へ戻る

【まとめ】頼るなら住宅メーカー

家を建てた住宅メーカーを頼る

リフォーム業者の探し方をまとめます。

住宅メーカーへの問い合わせ』こそが、信頼できるリフォーム会社を見つける方法。
理由は、あなたの家の設計図を持っていて、リフォーム会社のコネもあるからです。

 

最近は『ホームセンター』・『家電量販店』でもリフォーム可能になりました。

しかし設計図面を持ってないので「柱を切られる」など、トラブルが起きる可能性は否定できません。

 

ですから、我が家のようなレンジフードの修理に限らず、住宅メーカー紹介のリフォーム会社を使う方法こそ、もっとも安全で確実な方法なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました