【ハウスクリーニングへクレーム】一部しか応じない業者【証拠写真あり】

応じてくれない

この記事で分かること
  • ハウスクリーニング業者の無責任な対応と証拠写真
  • 嫁が考えたレンジフードの修理費を集める方法

【登場人物】

  • クレーム担当者

 

ぜんぶ私がやるからパパは黙ってて!!

と僕が出る幕はありませんでした。

 

2019年12月1日にハウスクリーニング業者にレンジフードを壊された我が家。

これはクレームを入れた後の対応を書いた記事です。

 

以下はクレーム処理の書類。

すべて終わったかに見えますが、全額保証はされませんでした・・・。
ハウスクリーニング業者からの手紙
『ハウスクリーニングの保証を信用したらダメ』

完璧な証拠』がないとクレーム・補償に応じないのが理由。

 

つまり業者が証拠を確認し、認めなければ一切保証なし!

だからハウスクリーニングの『補償』は信用しないでください。

 

※逆に言うと『証拠』を武器に、いくらでも業者は言い逃れをします。

 

業者に責任を認められなかった我が家。

 

レンジフードの一部しか修理費を負担してもらえず、足りない分を自腹で修理。

 

クリーニング代金+修理費で10万円以上の赤字

 

 

今回はハウスクリーニング業者にレンジフードを壊された後から、修理までに起きたことを証拠写真を交えてお伝えします。

 

最悪なクレーム対応を2つ紹介

2つの対応

まずは業者の最悪な対応を紹介します。

見積書じゃなくてFAX送信案内を送ってきた

見積書を送ってくれない

2020年1月初めに、FAX送信案内が送られてきました。

 

レンジフードを直してくれないなら、「昇降ラックの修理見積もりを送って!」と伝えたら、FAX送信案内を送り付けるなんて異常ですよ!

 

しかも手書き。

会社の認印が入ってないので見積書になりません。

 

見積書を送ります。

と言いながら届いたのは単なるFAX送信案内だった。
送付状を見積もりと言う業者

 

電気屋さんのおかげで、ようやく8万円の補償修理にこぎつけたのに、FAX送信案内を送ってくるなんて本当にふざけた会社です。

 

こちらが指示・指摘しないと連絡すらくれないんですよ!

項目へ戻る

嫁の話を聞かないクレーム担当の男

嫁の話を聞いてくれない

話は2019年12月16日にさかのぼります。

 

すでに12/4のクレーム発生から一週間がたってるのに、クレーム担当者の男性が話に応じない。

しかもクレーム対応時間は平日の19:00までで、1秒でも過ぎると電話は繋がりません。

 

仕事の都合で嫁は18:30~18:50の帰宅が多く、詳しく話す時間が取れない。僕はもっと遅い。

 

「19:00以降も話ができるようにしてくれ」と伝えても、無理ですの一点張り。

更に『会社は悪くない』という以下の発言が目立ち、イライラを募らせる嫁。

 

  • 会社が有利になる解釈をする
  •  「しつこいと裁判起こしますよ!」と脅してくる
  • 『質問攻め』でボロを出させようとする

 

業者が保証を認めない要因は、

 

配線内の水分が蒸発すると、漏電個所の特定はできない」から。

 

レンジフードを壊しておきながらこの発言。

しかも、『壊れたレンジフードの全額保証はできない』というありえない対応。

ハウスクリーニング業者はこのように言い逃れをするのです。

 

しかし、このままではどうしようもないので、嫁は苦肉の策に出ます。

我が家はブレーカーが落ち続けて火事になるところだったんですよ!!

項目へ戻る

嫁がとった苦肉の策とは?

嫁が考えた策

後半は『全額保証されなかったレンジフードの修理費用をどうやって捻出したか?』です。

ハウスクリーニング業者を選んだのは嫁なので、嫁中心でのやり取りとなります。

昇降ラックの8万円をレンジフードの修理費に

『食器用昇降ラックの修理費用をレンジフードの修理費に充てた』

これが嫁の取った苦肉の策です。

 

昇降ラックの修理費は84,480円。

これはレンジフードの修理費の半分。

 

昇降ラックの修理費が出たいきさつはこちら。

  1. 電気屋さんが昇降ラックの漏電チェック。
  2. ラック内部への水漏れを発見。
  3. 電気屋さんが業者に証拠として指摘
  4. 昇降ラックの修理費のみ保証された。

以下は電気屋さんがハウスクリーニング業者に送ってくれた書類です。

電気屋さんの調査票

 

上記画像のとおり「昇降ラックの交換が必要」とハウスクリーニング業者に指摘をした電気屋さん(※)。

この指摘にハウスクリーニング業者も応じましたが、もらえたのは昇降ラックの修理代金のみ

 

 

 

 

※修理に入ってくれた業者さんからは、他にも色々とアドバイスをもらいました。

これでは完全な赤字なので、更に修理費を集めることになります。

 

もう完全な赤字ですよ。

だってレンジフードの修理費は倍の160,000円ですから・・・。

項目へ戻る

ピアノを売った

修理費が足りずピアノを売った

「ピアノを売ったお金で足りない修理代を補った」

嫁が小学生のころ、おじいちゃんに買ってもらった、ピアノ・・・。

 

しかしウチの子供は男の子2人で、嫁も近所迷惑だからとピアノを弾きません。

更にレンジフードの修理費もあり、処分することにしたのです。

 

僕は部屋が広くなるからラッキー。

 

ピアノはネットで買取店に引き取りを依頼。

  • YAMAHA製
  • 調律済みで音は完璧
  • 買取金額は12,000円

\誰も弾かないピアノを処分/

嫁がいつの間にか買い取り業者に依頼していたので、見積書はありませんが面倒な手続きはありませんでした。

 

ピアノが無くなって部屋が広くると思ったのもつかの間、今度はピアノスペースに本棚を置く嫁。

 

結局、嫁のわがままは変わりません。

スペースがあれば物を置く嫁にウンザリします。

項目へ戻る

足りない修理費に自腹を切った

足りない分は自腹

昇降ラック + ピアノのお金だけでは、レンジフードは交換は無理。

修理・交換費用が足りなかったからです。

 

足りない7万円分は自腹を切りました。

 

年始に10万円以上(修理代 + クリーニング費用)の出費は大きすぎですが、レンジフードが使えないと本当に不便。

  • 料理
  • 換気

 

ができないからです。

ですからレンジフードの費用は『勉強料』と諦めて自腹を切りました。

新品になったレンジフード

 

これがやっとの思いで交換されたレンジフード。

2019年末に壊されてから交換されるまで本当に長かった・・・。

 

完全に赤字ですが、『ハウスクリーニングは使ったらダメ』と分かっただけでも良しとします。

項目へ戻る

【まとめ】一部補償のみで「完全赤字」

保証されたのは半分の金額

最後にハウスクリーニングのクレーム対応についてのまとめです。

2020年1月にやっと正式な見積書が送られてきました。
  • やっと届いた見積書

 

「確かな証拠が必要」と言い、クレーム対応を拒むハウスクリーニング業者。

証拠を出せと言われたら、最初から最後まで作業を録画するしかありません。

しかし、レンジフードを壊されるなんて予想してないので、録画なんてしてない・・・。

 

我が家は何も悪くないのに、あまりにもずさんすぎる対応・・・。

「大手のハウスクリーニングなら誠意ある対応をしてくれたのに」と未だに後悔しています。

 

漏電しているのに使っても大丈夫」なんて言う業者は異常です!!

だって漏電したレンジフードを使い続けたら、火事で命を落とすかもしれないから。

 

だからこそ、ハウスクリーニングの依頼は、有名業者を強く勧めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました